映画や日々みているもの
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2012.3.11
20110717050532.jpg
起こりそうで、ずっと起こらないと思っていた事が起こってしまった。
それからの1年、本当に色々な事を考えたせいか物凄い早さで去った。


自分のいた場所ですら感じた揺れ。
その後のTVの中の津波。
福島第一原子力発電所の事故。
あらゆる目くらましや事実。
考え方の違い。



自分の人生で関わって来ると思ってこなかった全てが本当にこわくて。
何もできなかった。


それなのに、迷いながらも立ち上がり行動をした人もたくさんいる。



生きてくうえで忘れてはならない。


生活をしながら、考えて、行動しなければならない。






あの事が起こってから観たのは『春にして、君を想う』。


主人公の言葉
「どの道を行き来するかは、どの人生を選ぶかで決まる」
今でも頭から離れない。

主人公の老人ゲイリは最期に、ただ無にさらわれて自然へかえっていく。



その瞬間まで考え続けよう。
そして決して忘れてはならない。



少しでも平和な未来になりますよう。
- comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>