映画や日々みているもの
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
50/50
ws50-50_01.jpg.jpg
2011年
50/50
監督:ジョナサン・レヴィン


酒も煙草もやらない"普通"の青年アダムに突然告げられた病気は"ガン"だった。27歳という若さで、5年生存率50%の余命宣告。その日からアダムの生活は一変していく。


ガンを克服した脚本家のウィル・レイサーの話が元で、もともと友人であるセス・ローゲン等と共に映画化に乗り出した作品である。


誰だって命の期限はあるけれど、27歳という若さ(同じ年だからという事もあって余計に気になったけれど)で余命宣告されたら…
自分の事もだけれど、大切な人がそうなったらどうだろう?
と、思いながら観る事ができた。


主役を演じたジョセフ・ゴードン・レヴィットがアダムにはまり役。キャラクターもあるけれど本当にいい演技で感情表現がとても良かった。

他のキャストもみんな素晴らしく、母親役のアンジェリカ・ヒューストンなんてさすがの演技で存在感だけでもかなりある。
『ダージリン急行』ではちょっとぶっ飛んだ母親役だったけれど、今回は『あー、いるいる。』と思えるくらい。自分の母親の様な、いや、母親ってああゆうものだろうな…と思わせるくらい演じきっていた。

けれど個人的な好みもあって、やっぱり下品でヤルる事しか考えてない、けど憎めないいいヤツの友人カイル役、セス・ローゲンが一番良かったというか好きだったなぁ。

ストーリーの展開も無駄なく良いペースで、重い話になりがちと思ったけれど、観終わった後は割と清々しく気持ちがよかった。


闘病のお話だけではなく、重病を抱えていても病気と向き合う話だけではなく、元から少しずつ複雑だった人間関係等様々な問題も自然に盛り込まれていていた。


シアトルの街並みや音楽もなかなか楽しめた。


ジョセフ・ゴードン・レヴィット、セス・ローゲン、ジョナサン・レヴィンの若手の今後に期待したくなる作品だった。
movie comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>