映画や日々みているもの
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
Winter's Bone
winter-s-bone.jpg.jpg
2010年
ウィンターズ・ボーン
監督:デブラ・グラニック


アメリカミズーリ州の寒村、心の病気にかかった母親と幼い弟妹と暮らす17歳の少女リー。一家を支えるはずの父親は家を保釈金の担保にしたまま失踪。家族を守るために父親を探すリーだったが…


低予算であり田舎のごく一部の世界しか描かれていないのにも関わらず、アメリカが抱える影の社会問題についてよく訴えられていた作品だった。

まず観て思い出したのは『FrozenRiver』。
主人公の少女リー含む、叔父ティアドロップの妻や、横暴な夫に逆らって手助けしてくれる親友のゲイル、元締め的存在の妻や孫娘達…みんなが仲良く…なんて雰囲気とは程遠く、狭い世界に住む女達はそれぞれの立場で強く健気に生きている姿が『FrozenRiver』とよく似ていた。

村の掟に縛られた男達に頼らざるを得なく。正義や愛だけではやっていけず、逞しく強かに覚悟を決めて生きるしかない女達がとても印象的。

ハッピーエンドとは言えないけれど、ほんの少しの光が見えるような、そう感じたいと願うこの作品は現実的で心に沁みてくる。
サンダンスは『FrozenRiver』や『プレシャス』といった、格差社会の重い話が多いんだな。



今回の舞台、ミズーリ州のオザーク高原は痩せた山岳地帯で、全米でも最低レベルの貧困地帯。ここで暮らす人々はヒルビリーと呼ばれている。
(ちなみに映画で使われたリーの家は妹を演じた女の子が実際に住む家だそう。)
この地域のバックグラウンドをもっと知った上で掘り下げて観れたなら、また違う感じ方が出来るんだろう。


そういった事もあり、所詮日本人にはわかりにくい世界だなとはじめは思ったけれど、
ある意味生きることに勇気を与えてくれるような、心に残る作品だった。





とにかく個人的にはストーリーより主演のジェニファー・ローレンスやティアドロップ役のジョン・ホークスの演技が印象深い。
ティアドロップの左目尻タトゥーかっこよかったな。

バンジョーの音色やカントリー調音楽も良い。

http://www.youtube.com/watch?v=5O8F8JtSVmI&sns=em
movie comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>